つみたてNISA(積立NISA)対象商品の中で、米国株式にまとめて投資できるインデックスファンドを紹介します。

参考記事…米国株式とは?

米国株ファンド(2020/1/6現在)

連動指数ファンド名信託報酬資産額(2020/1)資産額(2019/1)資産額(2018/1)設定年月日信託財産留保公式サイト
S&P500米国株式インデックス・ファンド0.495%17億円14億円5億円2017/9/290.1%https://www.smtb.jp/personal/saving/investment/fund/55312179.html
S&P500iFree S&P500インデックス0.2475%96億円57億円29億円2017/8/31なしhttps://www.daiwa-am.co.jp/funds/detail/3340/detail_top.html
S&P500農林中金<パートナーズ>つみたてNISA米国株式 S&P5000.495%
25億円18億円20億円2017/12/9なし
https://www.ja-asset.co.jp/fund/140831/index
S&P500eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)0.0938%439億円83億円未設定2018/7/3なし
https://emaxis.jp/fund/253266.html
S&P500SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド0.0938%89億円未設定未設定2019/9/26なしhttp://apl.morningstar.co.jp/webasp/sbi_am/pc/basic/sa_2019092601.html
CRSP…楽天・全米株式インデックス・ファンド0.162%732億円266億円39億円2017/9/29なし
https://www.rakuten-toushin.co.jp/fund/nav/rivue/

楽天以外の4つは「S&P500」という株式指数に連動します。

S&P500は米国市場で最も有名な指数で、米国を代表する優良企業500社の株価の平均です。米国株式市場のうち約80%をカバーするといわれています。

S&P500に投資したい場合は、信託報酬が最も低いeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が有力候補になります。

楽天・全米株式インデックス・ファンドだけは「CRSF U.S Total Market Index」という指数に連動しています。こちらは残り20%も含めて米国市場のほぼ100%をカバーする内容になっています。

この2つは信託報酬も非常に近いので、比較して選んでいきたいですね。

参考記事…米国株式とは?

つみたてNISAの基礎知識
おすすめ投資信託
おすすめ証券会社
バランスファンド比較


スポンサーリンク