つみたてNISA(積立NISA)は、少額から投資信託を積立投資することができる制度です。

投資信託には厳しい基準が設けられ、金融機関にとって旨みの大きいボッタくり商品は排除されています。

これはつみたてNISAのメリットでもありデメリットでもあるのですが、大抵の投資家にとっては身を守るメリットとして働くと思います。

つみたてNISAでは、基本的に株式・債券・REITいずれかに投資する商品しか選ぶことができません。

そのうちREITとは、不動産投資信託のことを指します。

簡単に言うと、みんなから集めた資金で不動産を購入し、その家賃収入を分配金としてみんなに配る仕組みです。

REITを保有することで、間接的にアパートの大家さんになれるようなイメージです。通常の住宅用アパートなどのほか、商業施設のテナントやオフィスビルなどの土地や不動産のオーナーになれます。

通常不動産を購入する場合、自己資金だけで賄えるケースは難しいので、住宅ローン、すなわち借金して資金を調達し、その資金で不動産を立てることが多いです。

そして家賃収入から返済資金を捻出し、最終的には収支をプラスにしていくようになります。

しかしこの方法は最初に借金をする必要があるため、空き家リスクや自然災害リスクにさらされ続けることになります。

つい先日「かぼちゃの馬車」という女性向けシェアハウスに関する不動産投資で大きな問題が発生しました。

家賃を約束して支払うという「家賃保証」が崩壊し、投資していた人は大きな損害を被りました。

元での資金がゼロになるだけでなく、住宅ローンの分借金を背負ってしまった人も多数います。

もちろん全ての不動産が詐欺というわけではありませんが、素人が目利きして簡単に儲かるビジネスではありません。また、確かな目利きを持っていたとしても、住宅ローンを組む以上、ハイリスクハイリターンな投資法になるのは間違いありません。

REITの場合、少額から購入できるうえに投資信託を通じて多数の不動産にまとめて投資できるため、空き家リスクや自然災害リスクにも強いです。

全体の家賃収入減少には無力ですが、通常の不動産投資に比べてたくさんのメリットがあります。

つみたてNISAではREIT単体で投資することはできないので、バランスファンドを経由して保有することになります。

つみたてNISAの場合、そもそも借金やローンを組むことはありませんし、最悪のケースであっても手元資金がゼロになるだけです。

最も、つみたてNISAで投資した商品がゼロになるというのは、世界中の株式会社や政府や不動産が消滅することを意味しますので、可能性としてはあり得ないと考えてよいです。

損得はともかく、今後も確実に存在し続けるであろう株式会社や政府や多数の不動産に借金せず投資できるというのが、つみたてNISAの大きな魅力であり、安心感につながる部分だと思います。

その分、不動産と違い資金量が少ないと威力を発揮しないので、コツコツと投資資金を積み立て続ける必要がある点には注意です。

少額から始めることができるのがつみたてNISAの魅力ですが、ある程度の資金量がなければリターンを得られないのも事実です。

安定している分、まとまった資金をしっかり積立していき、余裕があればつみたてNISA以外の制度もフル活用していきましょう。

つみたてNISAの基礎知識
おすすめ投資信託
おすすめ証券会社
バランスファンド比較


スポンサーリンク