つみたてNISA(積立NISA)では、投資信託をドルコスト平均法で積立していくのが基本となります。

定期的に同じ商品を同じ金額だけ積立していくことで、安い時に多く買い、高い時には少なく買うという行動を自然に行うことができます。

機械的に積立投資をしていくだけでいいため、投資初心者でも安心して実行できるのが大きな魅力です。

少額から投資していく場合、このドルコスト平均法は非常に頼りになります。

そして、このドルコスト平均法がよく用いられているのが、純金積み立てです。純金とは文字通りゴールドのことです。

装飾品から工業製品まで幅広く活用されています。また、はるか昔からその普遍的な価値が評価されていて、各時代の権力者はこぞって純金を集めるのが人類の歴史上繰り返されています。

現在世界の基軸通貨となっている米ドルも、1971年にニクソンショックが発表されるまで純金と交換が約束されていたものでした。

現在ではその重要性が下がっていますが、今もなお世界経済で重要な位置を占めているのが純金です。

現在中国などが純金などを集めている動きがありますが、純金を多く保有すれば国家としての信用が高まりますので、政治的な影響力も絶大です。

無国籍通貨とも呼ばれ絶対に価値がなくなることがないのが純金であり、そのきらびやかなイメージも後押しして、一時期純金積立ブームが巻き起こりました。

長期間コツコツ積立していくことで、資産形成できることをウリにしています。

しかし、金融理論的には、純金はそれそのものが価値を生むものでありません。株式であれば企業の利益・債権であれば利息・REITであれば家賃収入を生み出していますが、純金はただの物体ですので、安く買って高く売ることでした利益を上げることができません。

出典「株式投資第4版」

これは、アメリカにおける各資産の超長期間リターンです。横軸が対数グラフですのでご注意ください。

まず注目するべきは、株式と債券(長期国債と短期国債)は、凸凹ながらも右肩上がりで成長している点です。長期投資が報われる可能性が高いということが良く分かります。

その一方、現金であるドルはインフレにより大きく価値を下げています。

その中で金(純金を指す)は、過去200年間横ばいで推移していることが分かります。ただし対数グラフですので、実際の価格変動幅は小さくありません。

出典「第一商品」

1976年以降の金価格を見ると、1980年前後に大きな上昇をしてその後急落しているのが分かります。

純金そのものは非常に手堅い資産ですが、価格変動が緩やかという訳ではない点に注意が必要です。

結局純金は、資産を保全するという意味では適していますが、価格変動を抑えながら資産形成をしていくためには不向きな商品であるということになります。

長期投資家の場合、純金は一切投資しない、またはインフレリスク対策として全体の5%ほど保有するといった利用方法が一般的です。

また、通常の純金積み立ての場合、本物の純金を自宅に管理するか取扱企業で預かってもらうようになるため、余計な費用が掛かります。

積立投資をする場合、購入手数料の2~3%程度の手数料を取られてしまうことが一般的であるため、長期投資ではかなり不利な条件がそろっています。

つみたてNISAでは、純金積立はもちろん純金を投資対象とする投資信託にも投資することは一切できません。

つみたてNISA対象外になりますが、信託報酬0.5%程度で純金に投資できる投資信託が多数あります。

長期投資家であれば、純金は不要またはごく一部で十分ですので、純金積立をまとまった資金で行う必要はあまりないでしょう。

つみたてNISAの基礎知識
おすすめ投資信託
おすすめ証券会社
バランスファンド比較


スポンサーリンク