つみたてNISA(積立NISA)とは、投資です。ある程度の投資用語については知っておかなければなりません。

ここでは、最低限必要と思われる用語について解説した記事についてまとめています。

分からない用語があったら、すかさずクリックして確認してください。

 

インデックス投資とは?

インデックス投資とは、難しい知識がなくても平均の成績を取れる投資方法です。理屈では平均だけど、実際は投資家の中でも上位の成績を得ることができます。

 

ドルコスト平均法とは?

毎月積み立てをするだけで、自然とドルコスト平均法という投資法を実践できてしまいます。長期投資では心強い味方です。

 

ポートフォリオとは?

どのような資産配分にして、どのように投資信託を選ぶかで20年後の運用成績が決まります。ポートフォリオは投資家を表す鏡ともいえ、長期投資では最も大切な部分です。

 

リバランスとは?

積立期間の間に割合が崩れてきたら、リバランスをしましょう。長期投資は基本的にやることがあまりありませんが、数少ない必要な作業です。

 

配当金再投資とは?

投資信託では基本的に配当金が出ないのでイメージしずらいですが、発生した配当金は確かに再投資され、長期のリターンを大きく引き上げます。

 

生活防衛資金とは?

投資金を不測の事態に引き出すことがないよう、投資とは別に貯金をしていかなければなりません。

 

ベンチマークとは?

ほぼすべての投資信託には、目標とするベンチマークが存在します。ベンチマークを超えようとするのがアクティブ投資、ベンチマークに連動しようとするのがインデックス投資です。

 

投資用語まとめ

いずれも長期投資では必須の考えなので、くまなく理解できるようにしていきましょう。

逆に言えば、理解するべき専門用語はこのくらいだけで十分だともいえます。つみたてNISAでは、複雑な知識やスキルは一切必要ありません。

勉強は最小限でいいので、その代わり時間という最大の武器を使って資産を形成していきましょう。