投資信託を選ぶうえでは、信託報酬がかなり重要になっています。

特につみたてNISAでは、投資信託を比較する時に最も重要といっても過言ではありません。

信託報酬とは?

信託報酬とは、運用先に払う手数料のようなものです。

出典「価格.com」

私たちが預けた資金を、投資信託運用会社が代わりに分散投資してくれる仕組みです。ここで得た利益や損失は、全て投資信託を買った人に還元されます。

この状態では、運用会社が利益を上げることができないので、預かった資金から差し引いているのが信託報酬です。基本的には、1年間でいくら引かれるかで表します。

例えば、信託報酬が1%なら、預けた金額のうち1%が毎年引かれてしまうということです。

信託報酬=運用会社の儲け分

といっても過言ではありません。一般的には、信託報酬が低いほどお得です。。つみたてNISAで投資信託を選ぶときにも、この投資信託は必ずチェックしましょう。

 

つみたてNISAで投資する目安は?

つみたてNISAが金融機関にとって厳しい制度というのは、信託報酬が一定以下でなければ認められないからです。ようするに、金融機関が儲かりやすい商品は扱ってもらえないということです。

 

出典「金融庁」

金融庁が定めた手数料による条件です。赤い枠の部分に注目してください。

投資する種類によって、細かく基準が設けられています。最大でも1.5%以下と、かなり厳しめです。現状では、3%を超えるようなボッタくり商品が蔓延していたので、金融庁からの厳しい鉄槌ともいえますね。

巷で流行しているような詐欺商品はそもそもラインナップに入れないので安心ですね。

ですが、管理人の考えでは、種類問わず年間0.5%以下くらいが合格点だと思っているので、つみたてNISAの中でも信託報酬が安めの商品を選ぶつもりです。

 

信託報酬が激安でも問題ないの?

信託報酬=運用会社の儲け という説明をしましたが、投資信託の中にはかなり手数料を抑えた投資信託もたくさん存在します。名前は伏せますが、管理人が保有している投資信託は0.3%を切るものがほとんどです。

ですが、現実に当てはめてみると、会社の儲けが少ない商品は、無名ブランドの激安品みたいなものですよね。品質に問題があるのではと思う人もいるかもしれません。

しかし、日本の証券業界では、法外な信託報酬を取る投資信託でも問題なく売れていたという事実があります。

 

出典「金融庁」

日本と、金融大国アメリカの上位10種の投資信託の比較です。日本で人気のある商品は信託報酬も高いうえに、販売手数料までかかるものがあり、運用会社が大きく儲かっています。新商品が出れば、手数料を稼ぐために乗り換えを進めることも老いです。

対してアメリカの場合は、信託報酬もほとんど安いし、販売手数料がかかる商品はランクインしていません。多くが長期投資向けなので、同じ商品をじっくり保有してもらうことで利益を得ています。

日本
・ボッタくり商品をたくさん買わせて儲ける

アメリカ
・優良商品に長く投資してもらって儲ける

日本では、資産運用=危ないもの というイメージがついていますが、本当に危ないのは、金融機関に騙されて大切な資産を失うことです。つみたてNISAがこれだけ国民思いなのも、金融機関の今の現状を変えるために金融庁が本気を出したからなのです。

 

インデックスは信託報酬が安い

投資信託の中には、インデックス型投資信託と、アクティブ型投資信託があります。

ここでおさらいしておきましょう。

アクティブ投資は、運用先が株や債券を分析し、独自に投資していくスタイルです。

インデックス投資は、すべての株を丸ごと保有してほったらかしにするスタイルです。

インデックス投資では、必ず参考となる指数が存在しています。

出典「金融庁」

つみたてNISAでは、この表に載っている指数に連動するインデックスだけが認められています。ですが、こんなにたくさんあったらわからないですよね?

この一つ一つはのちに解説しますが、ここでは分かりやすいように、赤い部分で囲まれた「日経225」に連動するインデックス投資で考えてみます。

日経225は正式名称「日経平均株価」とも呼ばれ、日本で一番有名な株価指数です。日経平均株価とは、日本を代表する225社の株価の平均です。

この日経平均株価は、バブル絶頂期には4万円近くまで上昇しましたが、今ではやっと2万円を超えたくらいまで落ち込んでしまいました。

日経平均株価が上がっているときは、日本株全体も上昇しているといえます。アベノミクスで急上昇したことで投資ブームが発生しました。

日本株に投資するアクティブ型投資信託は、この日経平均株価を超えることを目標にしていることが多いです。なので、できるかだけ安く買って高く売れるように必死に企業を分析したりしています。

しかし、日経平均株価は平均なので、アクティブ型投資信託の半分以上は日経平均株価を超えることはできません

対してインデックス投資であれば、必ず平均点を取ることができて無難です。ですが、運用会社にとってはやることは1つしかありません。それは、「225社の株を全部まとめて買う」だけです。なので、圧倒的に手間がかからないのです。

 

日経平均株価に勝つには・・・企業の分析、頻繁な売買が必要。それでも勝てるかは分からない

日経平均株価に連動するには・・・225社の株を全部まとめて持っているだけ

 

上がアクティブ投資、下がインデックス投資のやり方ですね。インデックス投資は、手間が楽チンなので、運用会社にとっても非常に楽なのです。そのため、信託報酬が安くても、十分な利益を得ることができるのです。

もちろん保有する私たちにとってもお得商品ということになりますね。

日経平均株価に連動するインデックス型投資信託の代表的なものは次の通りです。

ファンド名 信託報酬
ニッセイ日経225インデックスファンド 0.27%
たわらノーロード 日経225 0.216%
iFree 日経225インデックス 0.2052%
SMT 日経225インデックス・オープン 0.3996%

 

その他細かい点だと、預かっているお金が多いほうが有利とか、運用先がミスなくしっかり運用しているかなどが判断基準ですが、つみたてNISAの場合はもともとの条件自体が厳しいのであまり関係ないでしょう。

いずれも日経平均株価に連動することを目指しているので、基本的な中身は全部一緒です。同じ225社を買っているだけですからね。

なので、インデックス型投資信託では、連動する指数が一緒なら、信託報酬で優劣が決まるといっても過言ではありません。

例えば上記4つのうちなら、特別な事情がなければ信託報酬が一番安い「iFree 日経225インデックス」を選ぶべきだということですね。

これは日経平均株価の場合ですが、他の指数に連動する投資信託でも同じです。

例えば、先進国株式で認められている「S&P500」は、アメリカを代表する大企業500社の平均なので、S&P500に連動するインデックス型投資信託であればどれも投資先は一緒で、リスクもリターンもほぼ同じです。

それに比べて、アクティブ型投資信託は、投資家の数だけ投資内容も変わってくるので、非常に選び方が難しいです。

日本株に投資するアクティブ型投資信託で有名なのは、「さわかみ投信」、「ひふみ投信」、「鎌倉投信」などがありますが、どれも特徴的で、投資経験者でもどれが一番いいかはわかりません。

リターンが市場平均(インデックス)を超えるかは分かりませんが、高い信託報酬がかかるのは確実です。

なので、選びやすく信託報酬が安いインデックス型投資信託が無難ということになります。無難といっても、多くのアクティブ型投資信託よりもリターンが上だったデータもあるので、決してリターンが小さいというわけではありません。

インデックス型投資信託なら、安い信託報酬で全体の平均点を常に取り続けることが可能なのです。

 

信託報酬についてまとめ

つみたてNISA(積立NISA)では、信託報酬が安い投資信託を選ぶべきです。まとめると次の通りです。

 

・信託報酬は運用会社に払う手数料

・手数料が高い商品はボッタくりの可能性が高い

・信託報酬が高くてもリターンが高くなるとは限らない

・インデックス型投資信託は信託報酬が安く済む

 

つみたてNISAの制度自体が、リターンが不確実であるアクティブ型投資信託に厳しい仕組みになっています。

なぜなら、アクティブ型投資信託は儲かりやすいからです。高い手数料をとっても、高いリターンを約束しているわけではないし、その多くはインデックスに負けています。

そのため、多くのアクティブ型投資信託は、「手数料が高いのにリターンが低い」という悪い結果に終わります。

金融大国アメリカでは、インデックス型投資信託の人気がどんどん高まっており、顧客と運用会社が両方とも得するような関係を築けています。

日本でも、金融機関が儲かる商品ではなくて、お互い長期的にメリットがある商品が主流になると嬉しいですね。

初心者でもそうでなくても、基本は信託報酬が安いインデックス型投資信託を選ぶように心がけましょう。

参考記事…インデックス投資とは?