つみたてNISA(積立NISA)では、投資信託を利用して投資を行います。

投資では、様々な格言があり、守るべき原則があります。

その中でも、特に重要なものをいくつか紹介していきます。

今回紹介するのは、「頭と尻尾はくれてやれ」です。

どちらかといえば短期で株式を売買する場合の格言ですが、長期投資でも役立つので説明します。

ここでいう頭と尻尾というのは、株価の一番下がったところと上がったところを指しています。

参考に、これは全世界株式のチャートです。丸のそれぞれが頭と尻尾になります。

一番安いところで買って、一番高いところで売るのは難しいから、欲張らないように注意しろという意味の格言です。

ですが、このチャートを見てわかるとおり、売らないでずっと持っていたほうが良い成績でした。基本的に株式市場は右肩上がりで成長するので、途中で売ってしまうよりもずっと持っていたほうがいいからです。

また、積立投資では、基本的に全てのタイミングで買うので、安い時にまとめて買うことや、高くなったら売ることが想定されていません。

頭も尻尾も気にせず、マイペースに積立をしていくだけです。最も成績をよくするためには、安い時にまとめ買いして高い時にいったん手放すのが最適です。

ですが、この格言にもあるように、実際に相場を読むのは至難の業です。プロですら頻繁に間違える投資なのですから、基本的には安い時も高い時も区別せず、ひたすら積立を続けていくべきです。

長期投資で最もやってはいけないのは、高い時に買って安い時に売ることです。ですが、高い時に売ったつもりだけど、実はもっと上がっていたというのも大きな失敗です。

自分でタイミング図らず、頭と尻尾はくれてやりましょう。最終的に上がっていれば問題ないのですから。

参考記事…ドルコスト平均法とは?

スポンサーリンク