つみたてNISA(積立NISA)では、様々な運用会社から投資信託を選ぶことができます。

各社から出されている商品には、共通の名前がついていることが多く、1つのシリーズとして考えることができます。

基本的にはTOPIX・先進国株式などといった、各資産ごとの商品が1つずつあるのが定番です。

今回は、三井住友トラスト・アセットマネジメント㈱が運用する「SMTシリーズ」を紹介します。

SMTとは、「Sumitomo Mitsui Trust」のことかと思います。

分類 ファンド名 信託報酬
日本株 SMT 日経225インデックス・オープン 0.3996%
先進国株 SMT グローバル株式インデックス・オープン 0.54%
新興国株 SMT 新興国株式インデックス・オープン 0.648%
バランス SMT 世界経済インデックス・オープン 0.54%
バランス SMT 世界経済インデックス・オープン(株式シフト型) 0.594%
バランス SMT 世界経済インデックス・オープン(債券シフト型) 0.486%
アクティブ※ 世界経済インデックスファンド 0.54%

 

バランスファンド以外については、信託報酬が割高なのでオススメできません。

また、信託報酬を大幅に引き下げた「i-SMTシリーズ」も新しく販売されているので、これから積立する人は気を付けましょう。

バランスファンドの「世界経済インデックス・オープン」については、3種類のラインナップがあり、無印・株式シフト・債券シフトの3パターンから選ぶことができます。

特に株式シフトについては、単体でのバランスが非常によくオススメです。

一番下の「世界経済インデックスファンド」については、SMTシリーズではありませんが参考に乗せています。つみたてNISAではアクティブファンド等に分類されていますが、実際はインデックス型バランスファンドです。

「世界経済インデックスファンド」と「世界経済インデックス・オープン」の無印版は中身が非常に似ており、信託報酬も全く同じです。なぜ似たような商品を新発売したのか不思議です。

そのため、選ぶ際には必ず比較するようにしてください。

スポンサーリンク