つみたてNISA(積立NISA)では、毎年40万円までの資金を20年間運用することができます。

途中で売却して現金にできるのが大きなメリットですが、積立投資の観点からするとあまり好ましくありません。

また、一度売却すると枠が使えなくなってしまうので、20年間一切売らずに積立を続けることが目標になります。

その目標の達成のためには、2つの大事な要素があります。

まず1つ目は、下落しても落ち込まずに積立を続けることです。積立投資では、下落した期間を経験することで安く買うことができ、将来のリターンを大きく引き上げることができます。

ですが、多くの人は下落した時に投げ売りしてしまうので、投資で失敗してしまうのが多いです。

自分は問題ないと思っていても、実際周りがパニックになっていれば自分も影響されてしまうことが多いです。

積立投資の有効性、世界経済の成長をしっかり理解していれば、下落してもヘッチャラなはずです。

もう1つは、生活防衛資金をしっかりと用意することです。

生活防衛資金とは、投資とは別に用意する、急な出費が発生した時にためておくお金です。

参考記事…生活防衛資金とは?

ケガや病気・冠婚葬祭等、急な出費の時のお金を用意していないと、泣く泣くつみたてNISAを一部売却することになります。

長期投資では元本割れするリスクは限りなく低いですが、途中で売らないことが前提です。もし売却するのと市場の暴落が重なっていたら、安くなった時に売ることになり、最悪の結果になります。

そのため、投資資金を増やす前に生活防衛資金をしっかり用意することが大事です。

生活防衛資金については、人それぞれの考えによって額が大きく違います。どれだけお金があれば急な出費に対応できるかは人それぞれなので、自分の貯金と相談しましょう。

既に十分な貯金があるなら、つみたてNISAでは積極的な運用をすることができます。逆に、まだ十分な貯金がない場合は、積立投資と並行して積立貯金も行っていく必要があります。

ある程度貯金がたまれば、後は全額投資に回してしまっていいでしょう。

そのため、投資と貯金を併用するのは序盤だけにして、ある程度の額が貯金出来たら後は全部投資で問題ないでしょう。

投資金額と生活防衛資金は割合で決めるのではなく、生活防衛資金が納得できるだけ貯まれば後はひたすら投資するのみです。

住宅ローンや子供の有無などによっても大きく変わってくる部分なので、慎重に考えていきましょう。

参考記事…生活防衛資金とは?

つみたてNISAの基礎知識
おすすめ投資信託
おすすめ証券会社
バランスファンド比較


スポンサーリンク