つみたてNISA(積立NISA)で選べる投資信託の多くはインデックス型になっています。

インデックス型であれば、信託報酬も安いし、市場全体に投資するので最も分散が聞いています。何よりも常に平均のリターンを得ることができるので、投資信託を選ぶスキルもあまり必要ありません。

ですが、金融機関にとって売りたいのはアクティブ型です。アクティブ型投資信託は信託報酬が高めですが、それ以上に高いリターンを上げれば金融機関も顧客もwin-winの関係になります。

また、市場平均を大きく上回ったアクティブファンドは話題になるので、人気が出やすいです。

つみたてNISAではアクティブファンドに厳しい条件が付いているので、「優秀なアクティブファンドが認められないのはおかしい」という批判も出ています。

ですが、当サイトではアクティブファンドへの投資はほぼ不要だと考えています。もちろんアクティブファンドの中にも市場平均を超えるリターンを得られた商品は多数あります。

ですが、これから投資する人にはそれを予測することはできません。ファンドマネージャーがミスをすれば市場平均を大きく下回る結果にもなりかねません。

アクティブファンドは信託報酬・税金・売買手数料の負担が重くのしかかるので、継続して市場平均を超え続けることは難しいです。

つみたてNISAで採用されているアクティブファンドはどれも人気があり、過去継続して市場平均を上回ってきたものがほとんどです。

ですが、人気のある商品の裏で数多くの市場平均を下回った商品がたくさんあることについてはあまり語られません。

アクティブファンドのほとんどは、信託報酬が高いうえに市場平均を上回ることはできません。

そもそも投資信託は人に運用をお任せすることになるので、できる限りハズレのない商品を選びたいというのが普通の心理です。

インデックス型であれば、指数に連動するのが唯一の目的になり、そこに運用会社やファンドマネージャーの実力は一切関係ありません。

したがって、当サイトではアクティブファンドは特別な理由がない限り一切不要だと考えています。

参考記事…アクティブとインデックス

スポンサーリンク