つみたてNISA(積立NISA)では、投資信託のポートフォリオを組み合わせる割合で将来の成績のほとんどが決まります。

そのため、バランスの良い割合を考えていかなければなりません。

ここでは、最も悩むことになる各割合についての記事をまとめています。

当サイト管理人の考えが強く出ている部分が多いので、鵜呑みにすることなくあくまで参考の1つとして活用いただければ幸いです。

 

株式・債券・REITの割合

資産クラス別の割合について考察します。長期投資では株式を中心とするのがオススメです。

 

日本・先進国・新興国の割合

地域別の割合について考察します。日本に偏ることなく投資することが大切です。

 

インデックス・アクティブの割合

基本的にはインデックス型だけで問題ありません。アクティブ型が不要な理由について解説していきます。

 

投資資金・生活防衛資金の割合

十分な生活防衛資金がなければ、資産運用が失敗する可能性が高まります。しっかりと考えていかなければなりません。

 

オススメ割合まとめ

それぞれ20年後を決める重要な要素になります。

上記の考えをまとめると、生活防衛資金を十分に用意した上で、外国株式インデックスを中心に投資する形になります。

日本人の場合、日本への投資が多すぎたり、債券が多い保守的な運用になってしまうことが多いです。

世界経済の成長の恩恵をしっかり享受できるように、必要なリスクはしっかりとっていきましょう。

長期投資では、リスクと時間をしっかりとることで、将来大きなリターンを得ることができます。