つみたてNISA(積立NISA)で選べる投資信託について解説していきます。

概要(2018/1/1現在)

シリーズ名 三井住友・DC年金バランスシリーズ
運用会社 三井住友アセットマネジメント㈱

 

3種類のラインナップがあります。
三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)
三井住友・DC年金バランス50(標準型)
三井住友・DC年金バランス70(株式重点型)

信託報酬 総資産額
30(債券重点型) 0.2376% 84億円
50(標準型) 0.2484% 233億円
70(株式重点型) 0.2592% 120億円

 

数字は株式の割合を表しています。総資産額は標準型が一番多いですね。

下記4つの指数+短期金融資産の合成指数に連動します。
・日本株式…TOPIX(東証株価指数)
・日本債券…NOMIRA-BPI総合
・外国株式…MCSI World Index(日本除く)
・外国債券…City‐group World Government Index
・短期金融資産

出典「三井住友アセットマネジメント

愛称は「マイパッケージ〇〇」となっています。30は、半分以上が国内債券になっています。その他の場合、株式のうち大半は国内になっています。

 

管理人の評価

3タイプから選ぶことができて、信託報酬も安めになっています。30の場合は半分以上が国内債券なので、変動シルクを抑えるために利用するといいかもしれません。

いずれにせよ、単体では国内の比率が高すぎるので、他の投資信託と組み合わせが前提になりそうです。

大和証券から販売されている「ダイワ・ライフ・バランスシリーズ」が非常に似ており、同じく株式比率が30・50・70の選択肢があります。信託報酬の優劣は比率ごとに違っているので、比べながら検討してみてください。

スポンサーリンク