つみたてNISA(積立NISA)では、投資信託を使って資産運用をしていきます。

金融庁が定めた厳しい条件があるので、どれも優良な商品ばかりです。

つみたてNISAで採用されている投資信託が、大部分がインデックス型になっています。当サイトでも、基本的にはインデックス型の投資信託をオススメしています。

インデックス型の投資信託では、基本的に運用会社に払う手数料、すなわち信託報酬の高さでほぼ優劣が決まります。

もちろんその他に、細かい経費や手数料もあるのですが、基本的には信託報酬が最優先です。

それぞれの経費がどのくらいかかるかはわからないけど、確実に信託報酬は取られてしまうのですから、安いに越したことはありません。

ここでは、インデックス型の資産別オススメ商品を紹介していきます。

資産別の特徴について知りたい方は参考記事をどうぞ。

参考記事…資産ごとの特徴

 

 

日本株式

日本株式に投資できるインデックス指数は、現在のところ3つあります。

指数名 投資先
TOPIX(東証株価指数) 一部上場企業の全て(約2,000社)
日経平均株価(日経225) 一部上場企業のうち225社
JPX日経400 全上場企業のうち優良企業400社

 

このうち、TOPIX(東証株価指数)が最も幅広く分散投資できます。また、つみたてNISA内の投資信託で最も信託報酬が安かったのもTOPIXでした。

基本的に信託報酬に問題がなければ、可能な限り幅広く投資するのが基本です。TOPIXであれば、最も低コストで幅広く日本株式に投資できます。

当サイトでは、日本株式はTOPIXに投資することを強くオススメします。

TOPIX(東証株価指数)に連動するものでは、次の2つが有力候補です。

ファンド名 信託報酬 総資産額
<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックス・ファンド 0.17172% 121億円
eMAXIS slim 国内株式インデックス 0.17172% 5億円

 

どちらも非常に低コストです。両方ともTOPIXに連動するので、どちらを選んでも成績はほぼ同じになります。

 

全世界株式(日本除く)

日本を除く先進国・新興国の株式にまとめて投資したい場合、ほぼ選ぶべきものが決まります。

ファンド名 信託報酬 総資産額
野村つみたて外国株投信 0.2052% 0億円

 

信託報酬を考えるとほぼこれ一択です。日本株式は含まれないので、別で組み合わせる必要があります。

 

全世界株式(日本含む)

日本を含めた先進国・新興国の株式にまとめて投資できます。基本的に全世界でまとめた株式型はあまり種類が少なく、こちらも選ぶべきものはほぼ決まります。

ファンド名 信託報酬 総資産額
楽天・全世界株式インデックス・ファンド 0.2396% 0億円

 

信託報酬を考えるとこれ一択です。投資先が株式だけで問題ない人なら、これ1本を積立するだけで問題ありません。

当サイトでもイチ押しのオススメ投資信託です。

 

 

先進国株式(日本除く)

先進国株式では、現在日本を含めて投資できるものがありません。そのため、日本以外の先進国に投資することになります。

日本では人気のあるジャンルで、多数の商品が出ています。その分信託報酬の引き下げ競争も激しいです。

ファンド名 信託報酬 総資産額
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 0.20412% 632億円
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 0.20412% 17億円

 

信託報酬は同じですが、総資産額に大きな差があるので、ニッセイのほう場無難でしょう。

 

米国株式

日本以外で唯一単独の国に投資できるのが米国株式です。現時点では商品が少なく、選ぶべきものはほぼ決まっています。

ファンド名 信託報酬 総資産額
楽天・全米株式インデックス・ファンド 0.1696% 0億円

 

信託報酬が非常に安いうえに、米国市場のほぼ全てをカバーしているため、現時点ではこれ一択となります。

ですが、全世界株式や先進国株式の半分以上は米国です。そのため、わざわざ別で投資する意味はあまりありません。

米国の割合を少し増やしたい場合以外は、特に必要ないでしょう。

 

新興国株式

中国・インドなどの新興国の株式にまとめて投資できます。コチラも先進国株式に並んで人気のあるジャンルです。

ファンド名 信託報酬 総資産額
<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックス 0.36612% 0億円
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 0.36612% 9億円
つみたて新興国株式 0.3672% 0億円
Smart-i 新興国株式インデックス 0.3672% 0億円

 

コチラ4つは非常に信託報酬が低いですが、他の資産と比べると少し高く感じます。新興国への投資は手数料が多くかかるので、信託報酬も少し高めになります。

ですが、十分許容できる範囲です。そして何より、投資では今後成長する国に投資していかなければならないので、新興国への投資もしっかり行っていかなければなりません。

リスクも高めですが、積極的に投資していきたい資産です。

 

4資産均等バランス型

次のような4資産に均等に投資するバランスファンドです。

類似商品が複数あるので、オススメの物を紹介します。

ファンド名 信託報酬 総資産額
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型) 0.23652% 16億円
つみたて4資産均等バランス 0.2376% 0億円
JP4資産均等バランス 0.2376% 0億円

 

同じ4資産であれば、信託報酬で選んでしまいましょう。基本的にはこのいずれかを選べば問題ありません。

 

6資産均等バランス型

次のような6資産に均等に投資するバランスファンドです。

類似商品が複数あるので、オススメの物を紹介します。

ファンド名 信託報酬 総資産額
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型) 0.23652% 0億円
野村6資産均等バランス 0.2376% 0億円

 

オススメというより現時点ではこの2つしか選択肢がなく、どちらも低コストで素晴らしい内容です。

 

8資産均等バランス

次のような8資産に均等に投資するバランスファンドです。

類似商品が複数あるので、オススメの物を紹介します。

ファンド名 信託報酬 総資産額
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 0.2268% 33億円
つみたて8資産均等バランス 0.2376% 0億円

 

信託報酬はeMAXIS slimのほうが低いですが、大きな差はありません。

この2つ以外に、信託報酬が全く同じで8資産均等型の商品がありますが、それぞれ事情がありあまりオススメしていません。

詳しく知りたい方は、下の青文字をクリックしてください。

8資産均等バランスファンド比較

 

資産別オススメまとめ

今回は各資産クラスごとにオススメを紹介しました。これらは、当サイトの管理人が選んだものです。

ですが、判断基準はほとんど信託報酬だけです。

当サイトで繰り返し説明していますが、同じ指数に連動するインデックス型投資信託であれば、信託報酬でほぼ優劣が決まります。

特に難しい知識がなくても、どの指数に投資するか決めて、連動する中で一番信託報酬が安いものを選ぶだけで十分です。

まずはどの資産にどのくらい投資するかを決めたら、それに合う商品で信託報酬が安いものを選べば問題ありません。

参考記事…資産ごとの特徴