つみたてNISA(積立NISA)では、最初に2択の大きな決断をする必要があり、それぞれメリットデメリットがあります。

①1つだけの投資信託を積立する

メリット…ただ積立するだけなので、20年間手間いらず。
デメリット…細かく投資内容を選べない。信託報酬は少し高め。

 

②複数の投資信託を組み合わせて積立する。

メリット…自分好みに投資することができる。信託報酬が安く済む。
デメリット…毎年1回リバランスが必要。

 

つみたてNISAを始めるのであれば、必ずどちらかを選ぶ必要があります。初心者であれば、①をオススメします。

①の方法なら、ただ積立をしていくだけなので、本当に積立預金と同じです。引き落とされたお金が定期預金通帳に入金されるか、投資信託を購入する資金になるかの違いだけです。

20年間積立続けるだけでいいので、非常に楽チンです。また、①→②への移行は比較的簡単ですが、逆は難しいので、迷っているなら①が無難です。

そして①を実行するためには、複数の資産にまとめて投資できる投資信託を選ばなければなりません。

①のように1つだけで問題ない投資信託は、バランスファンドと呼ばれます。

イメージではこのようなものです。投資信託は1つだけでも、運用先が代わりに分散投資をしてくれます。

自分で分散するのが②、運用先に任せてしまうのが①という訳です。

ですが、任せるといっても、全ておまかせするのではなく、一定のルールがあります。

例えば、株式と債券の割合は半分ずつを維持するとか、日本への投資は全体の30%にするとかです。

バランスファンドは分散を運用先に任せるけど、ルールが決まっているから安心です。

ここでは、たった1つ持つだけで投資が完了してしまうような便利な商品を紹介していきます。

 

株式だけに投資したい場合

つみたてNISAでは、20年間という期間が一区切りになっています。実際はさらに長いほうがより安心ですが、20年間でも十分長期投資だといえます。

長期投資では、上昇した時も下落した時も淡々と積立していくことが非常に大事です。つまり、一時的に下落したとしても気にしないということが大切です。

ですが、多くの投資家は途中で売ってしまいます。結果、得られるリターンが得られず、最悪の場合は元本割れしてしまいます。

株式と債券を比較すると、通常は株式のほうがハイリスクハイリターンだと思われています。ですが、長い期間で見ると、債券より株式のほうが元本割れするリスクは小さくなります。

つまり、下落を気にせず20年間積立できるなら、投資先は全て株式で問題ないということです。

投資期間を長くとることができて、下落しても気にしないで積立できる人ならば、株式型の投資信託を強くオススメします。

そこでオススメなのが、次の商品です。

ファンド名 信託報酬 総資産額
楽天・全世界株式インデックス・ファンド 0.2396% 0億円

 

この投資信託は、世界中の株式にまとめて投資できる商品です。

現在の割合はこのようになっています。この割合は時価総額基準といって、株式市場の大きさによって日々変わっていきます。

インデックス投資は、全体に丸ごと投資することで平均の成績を得ようとする投資法です。であれば、世界全体に丸ごと投資してしまうのが一番簡単で理想的です。

この投資信託は、世界中の株式投資家の平均点を常に取ることができます。

株式だけなので、厳密にはバランスファンドではありません。ですが、これ単体で世界分散投資が可能なので、これ1つだけを積立しても全く問題ありません。

むしろ理想的なインデックス投資ともいえ、非常にオススメできる投資信託です。

 

日本株式と新興国株に多く投資したい場合

株式に多く投資したいけど、先進国ばかりでは嫌だという方は、次の商品をオススメします。

ファンド名 信託報酬 総資産額
eMAXIS 最適化バランス(マイ ストライカー) 0.54% 10億円

 

株式重視のバランスファンドです。内訳は次の通りです。

出典「三菱UFJ国際投信」

ほとんどが日本株式・先進国株式・新興国株式になっています。割合はリスクを計算して変更されていくようですが、現時点では株式がほとんどを占めています。

時価総額基準だと先進国株が80%くらいを占めているので、日本や先進国の割合を増やしたい人にはオススメです。

債券やREITは割合が非常に低いので、オマケとして考えましょう。ほとんど株式なので、一時的な下落幅は大きいです。

 

新興国に多く投資したい場合

今後成長が期待できる新興国に多く投資したい場合、次の商品をオススメします。

ファンド名 信託報酬 総資産額
SMT 世界経済インデックス・オープン(株式シフト型) 0.594% 0億円

 

株式重視のバランスファンドで、内訳は次の通りです。

出典「三井住友アセットマネジメント」

株式が全体の75%で、残りは全て債券です。地域ごとの割合はGDPを基準に決めています。新興国は、株式市場としてはあまり大きくありませんが、経済力を表すGDP(国内総生産)では、世界の半分近くを占めています。

この商品なら、新興国の比率がかなり高めになっているので、大きなリターンを狙うことができます。

その分下落幅も非常に大きいので、投資期間を長くとれない場合はオススメできません。

 

債券にもバランスよく投資したいとき

債券にもしっかり投資したい場合は、次の商品がオススメです。

ファンド名 信託報酬 総資産額
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 0.68% 1,483億円

 

日本で最も有名なバランスファンドかもしれません。総資産額は圧倒的です。投資先の内訳は次の通りです。

株式と債券の割合はちょうど半分ずつです。時価総額で割合は決められており、全体として先進国の割合が多くなっています。

信託報酬が0.68%と少し高めなのが欠点ですが、内容を考えれば十分かと思います。

 

先進国債券にもまんべんなく投資しているバランスファンドは少ないので、海外分散投資を徹底したい人にはオススメです。

 

安定運用をしたいとき

投資では、自分が許容できるまでリスクを下げていくのが非常に大事です。下落している時でも積立を続けるというのは、想像以上に苦しい作業です。

そのため、リターンよりもリスクを抑えることに重点を置きたい場合は、次の商品がオススメです。

ファンド名 信託報酬 総資産額
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型) 0.23652% 16億円
つみたて4資産均等バランス 0.2376% 0億円
JP4資産均等バランス 0.2376% 0億円

 

いずれも4資産均等バランス型と呼ばれる資産配分になっています。

このように4つの資産を均等に保有する商品です。4分の1が日本債券なので、他の商品に比べて下落リスクは低いです。

また、日本株式も多めになっているので、為替リスクも少なめです。

少し日本国内への投資割合が高めですが、その分安定性も高めになっています。下落リスクを抑えて投資していきたい人にオススメです。

 

いろんな資産に投資したい場合

せっかく投資するなら、いろんな資産に投資してみたいという人も多いと思います。そんな人にオススメなのが次の商品です。

ファンド名 信託報酬 総資産額
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 0.2268% 33億円
つみたて8資産均等バランス 0.2376% 0億円

 

どちらも8資産均等バランス型と呼ばれる資産配分になっています。

このように8つの資産を均等に保有する商品です。全体の4分の1が新興国を占めているので、リスクは高めです。

1つ上で紹介した4資産均等型とは少しタイプが違う商品です。こちらは、8つの資産にまんべんなく投資することにより、積極的にリターンを狙っていくものです。

比率がずれてくれば自動的にリバランスで調整されるので、それぞれが別々に動くたびに、高くなったものを売って安くなったものを買うという作業が行われます。

1つの投資信託を保有するだけで8つの資産に投資できるという意味では、バランスファンドの特徴を最大限に生かしている商品です。

単純明快で分かりやすい比率なので、まんべんなく分散投資したい人にオススメです。

 

バランス型オススメまとめ

ここで紹介した商品は、いずれも単体で積立ができるようなものばかりです。たった1つの商品だけに投資するのは危険な気もしますが、バランスファンドであれば問題ありません。

投資信託を通じて複数の資産に分散投資してくれるので、持っている商品は1つだけなのに分散しているというお手軽商品です。

管理する商品は1つだけなので、リバランスなどの手間も一切ありません。自分が納得できる商品を見つけることができたら、それを20年間ひたすら積立するだけでOKです。

知らずに引き落としで積立されたお金が、将来は大きく成長しているかもしれません。

バランスファンドを利用すれば、貯金と投資の壁はなくなります。積立預金の感覚で投資できてしまうのが、バランスファンド最大の魅力です。

初心者ほどオススメしたいので、選び方の参考になれば幸いです。

参考記事…バランスファンド比較