つみたてNISA(積立NISA)を簡単に説明すると、投資信託を年間40万円まで有利に投資できる制度です。

何と比べて有利なのかというと、通常の証券口座と比較してです。証券口座を開く際に、通常は次の2種類から選ぶことができます。

 

一般口座…税金を自分で計算して、確定申告で納める

特定口座…売買をしたり、配当金をもらうと自動的に課税される

 

さらに細かく分けることができますが、主にこの2種類に分けることができます。一般口座は、株式や投資信託を売買した時点では税金を取られることはありませんが、自分でどれくらいの税金がかかるかを計算して、毎年納めなければならないため非常に面倒です。

その一方、うまく工夫すれば節税できたりするため、上級者向けになっています。

特定口座は、税金があらかじめ天引きされるので、原則として確定申告が不要になっています。日本では、売却益や配当金に20%課税されるので、税金が決まった時点で天引きされることになります。

節税することは難しいですが、確定申告が不要なので便利です。税金の納め忘れもなく、現在多くの人は特定口座を利用しています。

つみたてNISAと比較すると、次の違いがあります。

 

選べる商品に制限がない

つみたてNISAでは、投資できるのは決められた投資信託のみで、選択肢は100種類強しかありません。

ですが、普通の証券口座であれば、自分で好きなものを選んで投資できます。投資信託だけでも5,000種類以上存在していますし、株式投資も会社の数だけ投資できます。日本だけでなく、米国や中国にも投資でき、何千種類の中から選ぶことができます。

その他にも、投資信託を経由しないで直接日本国債や米国債を買うこともできるし、珍しいものでは純金や石油などにも投資できます。

投資経験者であれば、つみたてNISAの制限は退屈ですが、多くの人にとっては、商品が制限されているのは大きなメリットです。

選べる商品が少ないといっても、決してリターンで劣る商品ばかりではありません。

つみたてNISAでは、全体の平均の成績を目指すインデックス型投資信託が非常に多く、一攫千金を狙うという意味ではあまり魅力がありません。

裏を返せば、ハイリスクハイリターンである商品は存在せず、リスクを抑えて資産運用ができるような新設設計になっていることになります。

元々の選択肢が少ないので、安心して長期間投資できる仕組みになっています。

 

税金がかかる

つみたてNISAでは、年額40万円の投資が20年間非課税になる制度です。ということは、通常の証券口座は課税されてしまうということです。

株式や投資信託は、安い時に買って高い時に売るのが基本です。長期投資ではずっと積立していきますが、最終的には値上がりしてから売るのが目標であることには変わりありません。

20年後に無事利益が発生した場合、20%は売却益として課税されてしまいます。

例えば、10,000円で買ったものが20,000円になったときに売ったとしたら、差額10,000円のうち20%、すなわち2,000円が課税されてしまいます。

20年間の長期投資であれば、投資額が倍になるのもさほど珍しくないので、かなり高額な税金が発生してしまいます。

また、配当金が出るタイプの商品ならば、特定口座なら20%引かれた金額しか受け取れないし、一般口座なら確定申告で税金として納める必要があります。

20%と聞くと大した額ではないように思えますが、複利で増える力が弱くなるので、長期投資ではかなり大きな差になります。

 

損益通算ができる

普通の証券口座では、損益通算という技を使うことができます。利益と損益を合わせて計算することで、税金を安くできる仕組みです。

複数の株などに投資をしていて、一方は利益が出たけど、もう一方が損失がでたとします。通常は利益の20%にそのまま課税されてしまいますが、損失が出たほうを合わせて計算して、利益を減らしたり、利益をマイナスにすることで、課税されるのを回避する方法です。

税金が天引きされる特定口座でも、確定申告をすることで税金を一部取り戻せたりします。かなり複雑なので、初心者には難しいテクニックです。

ですが、つみたてNISAならそもそも課税されないので関係ありません。

税金がかからないことで、リターンの向上にもつながるし、面倒なことをしなくても済みます。

 

まとめ

通常の証券口座との違いを簡単にまとめると、商品が制限される・課税されないという2つでだいたい説明できてしまいます。

商品が制限されるのは人によっては大きなデメリットですが、普通の一般人が資産運用をしようとした場合、投資信託を利用することになると思うし、必要な商品は網羅されているので、あまり問題ではありません。

課税されないのは、長期投資ではかなり大きなメリットになります。長期投資では、税金がボディーブローのようにじわじわ効いてきます。その税金を丸々無視できるのは、とてつもなく大きなメリットです。

つみたてNISAを利用しないで普通の証券口座を利用するのは非常にもったいないです。

投資金額が年額40万円以下であれば、丸々非課税で運用できるので、利用しない手はありません。

参考記事…つみたてNISAのメリット

つみたてNISAの基礎知識
おすすめ投資信託
おすすめ証券会社
バランスファンド比較


スポンサーリンク