つみたてNISA(積立NISA)では、非課税で運用できる期間が暫定20年となっています。そのため、20年後が大きな一区切りになっています。

 

出典「金融庁」

毎年40年間投資すると、20年間で800万円分投資することができます。その後も40万円ずつ投資できますが、最初に投資していた40万円があふれてしまいます。

1年目に投資した40万円は、うまくいけば100万円になっているかもしれません。今までの歴史を考えれば、控えめに見積もっても十分あり得る計算です。

金額はどれくらいになるかは実際分かりませんが、21年目には最初に投資した40万円の運用が終了するのは間違いないので、その後の行方について説明していきます。

 

①売却して現金にする

一番わかりやすい選択肢です。20年間で運用が終わったので、売却して利益を確定させてしまう方法です。正しい投資信託を選んで20年間投資できれば、マイナスになる可能性は極めて低いでしょう。利益が出たとしても、引かれる税金は一切なく、そのまま儲けになります。

20年後に退職している人であれば、老後の生活資金にしてもいいですね。毎年少しずつ売ると、安い時にまとめて売ってしまうリスクを減らすこともできます。

 

②もう一度つみたてNISAの枠を使う

21年目にも新たに40万円投資することはできるので、その枠で再度投資してしまうという方法です。しかし、ほとんどの場合、1年目に投資した40万円は大きな利益が出いているはずなので、40万円を超えた部分は再度投資することはできません。(儲かった部分は再度投資できないということです。贅沢な悩みです。)

また、21年目以降は追加で投資資金を投入できなくなってしまうので、あまりオススメできません。

 

③課税口座で引き続き運用する

現在20代や30代の人は、20年後でもまだ現役で働いていると思います。なので、本当はもっと長く投資したいという人もいるはずです。つみたてNISAの期限が終了した部分は、通常の証券口座に移すことも可能かと思われます。

20年間の非課税期間が終わったら、通常の課税口座で運用するという選択肢ですね。今までの非課税メリットが消えるわけではないですが、その後は課税されてしまうので、少しもったいないです。

 

④確定拠出年金に移し替えて再度運用する

管理人が考えるイチ押しの選択肢です。20年間の運用が終了した部分をいったん売却して現金化し、確定拠出年金に移し替えて運用する方法です。つみたてNISAで扱っている商品または似ている商品であれば、確定拠出年金でも投資できるものがあるはずです。

これは、確定拠出年金を利用していて、上限いっぱいまで投資していない人が選べる方法です。

確定拠出年金の年額上限

加入者 年額上限
自営業者・無職 816,000円
企業年金がない会社員 276,000円
企業年金がある会社員 144,000円
企業型DCがある会社員 240,000円
公務員 144,000円
専業主婦・主夫 276,000円

 

つみたてNISAの場合は一律年額40万円までですが、確定拠出年金は立場によって上限が変わります。特に自営業の人は、年間80万円以上も投資することはなかなか難しいですから、すべての枠を使えない人も多いと思います。

つみたてNISAで運用が終わった商品を余った確定拠出年金で運用すれば、20年以上にわたって非課税運用が可能になりますね。20年後であれば、ある程度他に貯金もできているでしょうから、確定拠出年金の60歳まで引き落とせないデメリットもカバーできると思います。

参考記事…確定拠出年金との違い

20年後にやるべきこと

つみたてNISA(積立NISA)は、運用中はあまりやることがありませんが、20年後を一区切りに大きな決断が待っています。とはいっても、立場に応じて正しい選択を選ぶのは難しくありません。

 

20年後は退職してる人
→運用が終わった部分から少しずつ売却して利益を確定する

まだ働いている人
→確定拠出年金を併用してさらに長期間運用

確定拠出年金もフル活用してる人
→やむを得ず課税口座に移して運用

 

20年後に退職している人は、運用が終わった部分から売って少しずつ現金化していきましょう。まだ働いている人は、できるだけ長く運用できるように工夫しましょう。

どちらの場合でも、まとめって売ってはいけません。せっかく積立でリスクを減らしながら運用してきたのですから、売るときも少しずつ売却して、「安い時にまとめて売ってしまった」という失敗がないようにしましょう。

参考記事…20年間も投資する理由