つみたてNISA(積立NISA)は、1つの金融機関でしか運用することができず、変更も1年に1回しかできません。

また、金融機関によって取扱商品が変わってしまうので、慎重に選んでいかなければなりません。

つみたてNISAでは、投資信託の手数料は全て無料になっているため、金融機関ごとに大きな差は出ません。そのため、取扱商品以外の判断材料は限られます。

投資信託を積立していくとポイントが貯まったりするサービスなどもありますが、それを目当てに積立していくのは本末転倒です。

一番大事なのは、自分が選んだ商品の取り扱いがあるかどうかを確認しましょう。また、金融機関を選んでから商品を決めていくといったことはできるだけ避けましょう。

普段の買い物であれば、まずは欲しいものを売っているお店を探すはずです。目当ての物がなければ次のお店に移動するだけです。

投資信託が商品であれば、金融機関は売っているお店に過ぎません。金融機関をまず選ぶのではなく、自分が欲しい投資信託を先に探すことをオススメします。

その他のポイントとしては、積立をする際に日付を指定できるかどうかなどです。できれば給料日などに合わせることができれば、お金の管理も楽になります。

ボーナス日に多く積立できたり、枠を余す事無く40万円ぴったり投資できるように調整できるサービスもあったりしますが、基本的にはオマケ程度だと考えたほうがいいです。

まずは、自分が選びたい投資信託の取り扱いがあるかどうかを第一に考えていきましょう。

つみたてNISA対象の金融機関は、大きく4つにわけることができます。

 

 

・実店舗型証券…大和証券、野村証券など

・実店舗型銀行…ゆうちょ銀行、横浜銀行など

・オンライン証券…住信SBIネット証券、楽天証券など

・オンライン銀行…イオン銀行など

 

窓口があるものが実店舗型、窓口がなくインターネットで手続きをするのがオンラインです。また、その中でも証券会社と銀行に分けることができます。

この中では、圧倒的にオンライン証券をオススメします。手続きが全てネットで完結するので楽チンです。また、人件費を抑えて運営できるので、その分サービスが豊富です。

ネット証券とも呼ばれていて、その中でも住信SBIネット証券と楽天証券はオススメです。つみたてNISAは現在114種類の商品が認められていますが、この2社であればそのうちほとんどの商品が取り扱いされています。

今後つみたてNISA対象商品が増えれば、真っ先に取り扱いになる可能性も高いので、選択肢を多くしたいのであれば上記2つのどちらかが安心です。

もちろん実店舗型でも悪くはないのですが、ネット証券が有利な部分が多く、信託報酬最安値商品はほとんどがネット証券のみで取り扱いされています。

この機会に、ネット証券でつみたてNISAを始めてみませんか?

オススメ証券会社

スポンサーリンク