つみたてNISA(積立NISA)では、毎年40万円まで投資信託を運用できます。

基本的には積立による投資が原則で、定期的に同じ額を投資するドルコスト平均が推奨されています。

そのため勘違いされる方も多いですが、必ず同じ額を投資していかなければならないという訳ではありません。

つみたてNISAでは、途中いつでも積立額を変更したり、中止したりできます。

ドルコスト平均法は、同じ金額を同じ周期で投資していくことで、安い時には多く買い、高い時には少なく買うという投資を自動的に行える方法です。

ですが、それ以上に長期投資では、どれだけ長く保有できるかが重要です。まとまった資金があるのなら、わざわざ積立しないで一括で投資したほうが長く保有できるため有利です。

ドルコスト平均法は、あくまで給料などから投資していく際に多少有利になるだけの投資法で、過信は禁物です。

したがって、既にまとまった資金がるならば、わざわざ積立をする必要はありません。そもそも右肩上がりの成長を信じて投資するのですから、可能な限り早いタイミングで投資するべきです。

例えば、現在120万円の投資資金があって、その他に毎月給料から1万円投資できる人がいたとします。

このような人であれば、わざわざ計算せずに、最初の3年間は40万円ずつ投資してしまって、その後は投資できる分だけに減らせばいいんです。

ドルコスト平均法を厳密に守るために投資資金を一定にする必要はありません。問題なのは、評価額の上下に合わせて投資額を変更してしまうことだけです。

ボーナスなどでまとまった資金ができたから多めに投資するとか、少し出費が多かったから積立額を減らすといった調整は問題ありません。

大事なのは、投資信託の価格変動に合わせて投資金額を変更しないという部分です。最近は調子がいいから投資額を増やしたり、逆に不調だから減らしたりといったことをしなければ、臨機応変に投資額は変更しても問題ありません。

また、投資できる金額が500万円など非常に高額な場合、積立が終わるまでの期間が非常にもったいないので、別の方法も併用して早めに投資してしまうことをオススメします。

投資額が200万円程度までなら、積立投資でも十分問題ないでしょう。

参考記事…ドルコスト平均法とは?

スポンサーリンク