つみたてNISA(積立NISA)では、非課税期間が暫定20年間となっています。

暫定というのは、今後短くなるというより、長くなる可能性が高いと思うので暫定としました。

つまり、最低でも20年以上の長期投資を想定して作られた制度ということです。したがって、若い人にこそ使ってほしい制度です。

ですが、年配の方でも工夫すれば有効活用することは可能です。ここでは、それぞれのケース別の活用方法をまとめましたので、参考になれば幸いです。

 

定期的な収入で運用する

つみたてNISAでは、年間の上限が40万円と比較的少ない代わりに20年間という長期間の優遇措置があります。継続的に収入から投資できるサラリーマンなどに最適な制度になっています。

 

既にある貯金で運用する

ある程度貯金がある場合でも、十分有効活用できます。ここでは、100万円~200万円ほどのまとまった貯金がある人向けに説明していきます。

 

夫婦それぞれ運用する

夫婦二人なら、40万円×2人で年間80万円まで投資できます。子供が生まれたと同時に積立を始めれば、ちょうど成人した時に投資にも一区切りがついてちょうどいいです。

 

退職金で運用する

退職金で老後の資金を運用する場合でも、工夫次第で有効活用できます。大きなまとまった資金がある人で、投資期間があまりとれない人向け位の記事です。

 

ケース別活用まとめ

4つのケースについて記事がありますが、いずれも共通することは、できるだけ長く投資期間を取ることです。

手元に資金があるなら早めに投資して、できるだけ保有期間を延ばすことで、リスクを減らしリターンを大きくしていくことができます。

また、投資期間が20年取れないのであれば、債券を多めにしたポートフォリオで運用していく必要があります。

いずれにせよ、徹底した分散投資と長期投資を行えば、制度を有効活用することができるでしょう。